考えるイヌ〜桜井政成研究室〜

研究メモ、ゼミなどの教育活動、その他関心事など。

災害支援に新フェイズが必要な時期が来ている

Posted by sakunary on   0 comments   0 trackback

熊本にはまだ支援や調査で訪れることができていないのですが、東日本からのこの間、災害ボランティアを含めた防災・支援のあり方が間違いなく変わってきており、それに合わせた仕組みの改革が必要であることを痛感しています。以下、個人的なメモ。1)災害ボランティアには地域コミュニティの理解が不可欠という理解が拡がっている。各地域で町内会や防災団体によって、防災訓練を行っていると思うが、「自分の地域」「他所の地域...

企業の人手不足感が深刻

Posted by sakunary on   0 comments   0 trackback

最近、立ち話で立て続けに聞いたこと。「上は女性を雇うって言ってるが、現場では使いづらいんだよなぁ…気を使わなければならないことが多いし。」「募集を欠けると、優秀なのは女性ばかり。男性はゲタを履かせて採用しないと。女性では出来ない仕事がありますからね…。」えっ、今はまだ昭和だったっけ…と耳を疑うことが、まあ現在進行形なんだぜジャパン。ところで、企業の人材不足感が深刻らしい。「労働政策研究・研修機構」の...

東日本の被災地ではボランティア受入れどうだったのか

Posted by sakunary on   0 comments   0 trackback

熊本・大分の地震で被害に遭われた方にお悔やみ申し上げます。そして今なお続く余震に不安な日々を過ごしつつ、不便な避難生活を送られている方々が、早く元通りに生活できるようになることを願ってやみません。ところで余震が続いていることや、ロジスティクスの問題(交通網やガソリン食料等の不足、現地の滞在場所や食糧確保の問題)で、ボランティアの受け入れが足踏み状態となっております。もちろん、そもそもニーズがなけれ...

福祉×都市計画=コミュニティディベロップメント。

Posted by sakunary on   0 comments   0 trackback

コミュニティデザインの流行り以降、日本でも福祉と都市計画とが一緒に語られる場面が増えてきて、いいなあと思っています。カナダで私が見て来たコミュニティワーク、コミュニティディベロップメントは、まさにそういう世界でした。貧困地域をどのように再生していくかについては、両方の見地がなければ不可能です。加えて、大学の課程ではNPOの組織論・リーダーシップ論を学ぶことも多いです。社会的企業もそうした文脈から語ら...

新年度の始まり。

Posted by sakunary on   0 comments   0 trackback

今週は新入生ガイダンスと授業の開始で、本当に疲れた。そんな中、木曜の初めての三回生ゼミでは、春休みの宿題のひとつである、「新書一人一冊」の紹介を行った。結構真面目な本を選んでいるなあ、というのが第一印象。もっと軽めでも良いのに、結構重厚(内容的にも分量的にも)なものにチャレンジしてくれているのはうれしいが、最初から頑張りすぎていないか心配だが、それぞれの関心が分かって、面白かった。コミュニティデザ...