考えるイヌ〜桜井政成研究室〜

研究メモ、ゼミなどの教育活動、その他関心事など。

スポンサーサイト

Posted by sakunary on

ナラティブアプローチによるコミュニティワークの可能性

Posted by sakunary on   0 comments   0 trackback

今年も2日間のゼミ合宿を仙台を中心とした被災地で行った。一日目は恒例の、しかし今年からは復興公営住宅に移っての、被災者との交流活動を行った。復興公営住宅では、ゼミ生達が企画して、たこ焼きパーティは、参加者は10数人程度であった。正直、私はちょっと少ないな、と思った。しかし、元仮設住宅の自治会長さんは「成功だった」と言い切った。なぜなら、その復興公営住宅で食事絡みのイベントは初めてであり、また自治会...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。