考えるイヌ〜桜井政成研究室〜

研究メモ、ゼミなどの教育活動、その他関心事など。

スポンサーサイト

Posted by sakunary on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家族をアテにする国の行く末は…

Posted by sakunary on   1 comments   0 trackback

姉殺害に求刑超え懲役20年判決 発達障害で「社会秩序のため」

 大阪市平野区の自宅で当時46歳の姉を刺殺したとして、殺人罪に問われた無職大東一広被告(42)の裁判員裁判で、大阪地裁は30日、求刑の懲役16年を上回る懲役20年の判決を言い渡した。

 判決理由で河原俊也裁判長は、約30年間引きこもり状態だった被告の犯行に先天的な広汎性発達障害の一種、アスペルガー症候群の影響があったと認定。その上で「家族が同居を望んでいないため社会の受け皿がなく、再犯の可能性が心配される。許される限り刑務所に収容することが社会秩序の維持にも役立つ」と量刑理由を説明した。

2012/07/30 18:05 【共同通信】

http://www.47news.jp/CN/201207/CN2012073001002297.html



無縁社会に始まり、震災を経て「絆」が強調されるようになってきて、この国は何だか気持ち悪い雰囲気になってきているよなあ、とは思っていました。

そうこうしているうちに、この前の生活保護受給問題があり、そして、今回のこの判決です。
ああ、ついにこういう流れになってきたか、と。

この事件では、アスペルガー症候群という発達障害を持った被告が、姉を殺害してしまった事件だそうです。
母親が入院しており次姉も同居できないので再犯を防げないだろうから、できるだけ長く刑務所に入っていてもらった方が社会的に安心、なのだそうです。

冗談じゃありませんね。

裁判官はまず、被告に謝るべきですよ。
社会で受け皿を作れなくて申し訳ない。これは日本社会、日本政治の恥部だ。と。

こんな判決文を認めるのならば、障害者(に限らず、社会的なマイノリティ)は、社会のあらゆる場面でこれから当然のように排除されていくでしょう。

例えば大学も、受験生がアスペルガー症候群だったら、親が同居していないと入学を認めませんよ、とかね。

「家族をアテにした福祉」というのは、かつて、日本の福祉国家モデルの一つの側面を現す決まり文句でした。
「家族」については、多様な価値観があるので、全否定・全肯定は難しいです。
しかし、家族がいなければ権利に制限が課せられる社会が、望ましいとは思えません。あるいは、ある特定の家族のためには、他の家族が犠牲にならなければならないという社会も、どうなんでしょうか。

また、家族からの支援というものを前提にすると、家族も支援が必要な場合があることを見落としてしまう恐れがあります。
家族は万能ではありません。また、万能な家族ばかりでもありません。
実際、他の先進国では既に、介護の問題においては介護者(=家族)の支援についても視野に入れた、福祉政策の展開となってきています。

今後ももしこの国が引き続き、家族を支援対象ではなく、福祉資源とだけ捉え続けるのならば、介護や育児のために仕事を辞めなければならない人は増え続けるでしょうし、少子化はますます進行するでしょうし、国力は衰える一方になるのではないかと、大変危惧します。


ところでこの判決が非常におかしいのは、判決要旨で、「本件犯行に関するアスペルガー症候群の影響を量刑上大きく考慮することは相当ではない」としながら、一方で「社会内でアスペルガー症候群という精神障害(←ここが既に間違ってますが:桜井注)に対応できる受け皿が何ら用意されていないし、その見込みもないという現状の下では、再犯のおそれが更に強く心配されると言わざるを得ず、この点も量刑上重視せざるを得ない」と、まったく矛盾した基準で量刑を定めているところです。

刑罰というのは、こんなにも「てきとう」に決めていいものなのでしょうか…。
スポンサーサイト

Comment

says... ""
今の日本は気持ち悪い、まったく同感です。

もともとあった日本人の悪い点がどんどん強まってきている感じがします。

子どもの陰湿なイジメしかり。
弱いもの、異質なものを容赦なく叩く。
本当に気持ち悪い社会ですね。
2012.08.12 15:53 | URL | #mPanGZ7A [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://sakunary.blog134.fc2.com/tb.php/105-c0ddd364
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。