考えるイヌ〜桜井政成研究室〜

研究メモ、ゼミなどの教育活動、その他関心事など。

石巻駅前がNPOタウンになっている件について。

Posted by sakunary on   0 comments   0 trackback

先日、石巻を訪問しましたが、駅前の商店街一帯に、多くのNPOが事務所を構えており、さながら「NPOタウン」といった様相を呈していたので、記録のためにブログ記事としてあげておきたいと思います。もちろん、石巻で常駐して復興支援を継続している団体さん全てを観察できたわけではなく、私がぶらぶら歩いて、見つけた範囲に限られますので、悪しからず。

これはJR石巻駅前。まだ仙石線は通っていませんので、仙台からは代替バスか、仙台—石巻間の宮城バスで移動。
写真 2013-08-16 17 03 19

駅前は大手居酒屋チェーンが数多く出店していました。復興支援、というか、復興需要目当て?
写真 2013-08-16 17 03 33

よくみると、その上階にNPOの事務所が。2階にNGOの特定非営利活動法人ジェンの事務所があり、3階には、全国訪問ボランティアナースの会キャンナスの事務所があるようでした。
名称未設定1

これは商店街の中にあった、仮設商店街。
写真 2013-08-16 17 07 01

海側に近づくと、まだこの様に更地や撤去前の建物が目立つようになりました。
写真 2013-08-16 18 17 02

石巻まちの本棚一般社団法人 ISHINOMAKI 2.0のプロジェクトのひとつだそうで。
写真 2013-08-16 18 21 17

ピースボート災害ボランティアセンター。うえの看板をググってみると、もともとは居酒屋だった建物みたいです。
写真 2013-08-16 18 34 26

その向いには、ピースボートセンター。
写真 2013-08-16 18 34 35

ここは、震災前から石巻で活動しているNPOの、特定非営利活動法人石巻スポーツ振興サポートセンターの事務所。ご訪問したときは事務所内で、子どもたちがロッククライミングをしていました。
写真 2013-08-17 11 27 26

写真 2013-08-17 11 23 11

見にくいですが、ここは、一般社団法人OPEN JAPAN-オープンジャパン(旧ボランティア支援ベース絆)の事務所のようですね。
写真 2013-08-18 12 00 11

これも分かりづらいですね…。
左から二つ目の建物が、「一般社団法人みらいサポート石巻」(旧称:一般社団法人石巻災害復興支援協議会)の事務所となっていました。
写真 2013-08-18 12 29 17

日和山アートセンター。横浜・石巻文化芸術交流プログラム実行委員会が開設した、国内外のアーティストによる石巻の滞在制作活動と、石巻を拠点とするアーティストの制作活動の支援の場とのことです。行った時は、制作過程をオープンにされていて、自由に見学することができました。
写真 2013-08-16 17 45 37

訪問日初日は、もうだいぶ遅い時間だったのですが、あちらこちらで灯りがともり、中ではなにやら、議論なのかワークショップなのか、している人達(若者多し)が散見されました。一枚目は、先ほどのISHINOMAKI 2.0が運営するビジネスカフェだそうです。二枚目は不明。
写真 2013-08-16 17 56 00
写真 2013-08-16 18 19 44

アイトピアから橋通りに入ったところ。一階は、巻.com事務所。石巻のための地域交流ポータルサイトだそうで、いしのまきNPOセンターが運営されているようです。二階は、日本建築家協会東北支部宮城地域会の有志がつくったという石巻まちカフェ。まちづくりについて自由に話ができる場だとか。
写真 2013-08-18 13 53 10

撮影した写真はここまでですね。
空き地や閉じているお店が目立つ中、その隙間を埋めるようにNPOの事務所などが数多くあり、最初にも書きましたが、さながらNPOタウンのようでした。多くの団体が今後も、石巻と被災地の復興に寄与していくことでしょう。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://sakunary.blog134.fc2.com/tb.php/126-d88cd9e0