考えるイヌ〜桜井政成研究室〜

研究メモ、ゼミなどの教育活動、その他関心事など。

スポンサーサイト

Posted by sakunary on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カナダの保育費用

Posted by sakunary on   0 comments   0 trackback

2013年12月3日付けのスター紙の記事「数字で見る保育」が面白かったので、大筋の紹介。




以下、特に断りのない限り、トロント児童サービスから提供された情報:

268575人:トロントにおける9歳以下の児童数(2011年国勢調査)

55239ヶ所:トロントにおける認可保育スペースの数

1:無認可家庭保育所での調査中の死亡事故調査(7月以降、GTA=大トロント市では他にも二件発生)

24264:保育料補助金の配分数

18748人:保育料補助金を受け取るための待機リスト人数

18600ヶ所:スカボロー地区に新たに地下鉄を通すために調達される年間予算4000万ドルでつくることのできると新しい保育所186ヶ所分のフル手数料保育スペースの数 ※引用:市議会議員ジャネット·デイヴィス氏

28%:低所得層の子どもの中で、デイケア補助金をもらっている割合

62ドル - 95.56ドル(※約6200円〜9556円):乳児保育のための毎日の公共料金

48ドル - 85.06ドル(※約4800円〜8506円):幼児保育のための毎日の公共料金

25.33ドル - 45ドル(※約2533円〜4500円):全日制幼稚園の費用

2万ドル(※約200万円):5万ドル(500万円)収入があったとして、一人の子どもの保育費用を払った後、税後に残っている金額 ※引用:TDウォーターハウスのファイナンシャルプランナーマイク·モーガン氏

500ドル - 600ドル(※約5万円〜6万円):一週間にベビーシッターにかかる大まかな費用。 




低所得層にとっても、中流家庭にとっても、トロントは厳しい保育事情と言えそうですね。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://sakunary.blog134.fc2.com/tb.php/144-cb4f6f66
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。