考えるイヌ〜桜井政成研究室〜

研究メモ、ゼミなどの教育活動、その他関心事など。

スポンサーサイト

Posted by sakunary on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レストランの代金が他人から支払われていた理由

Posted by sakunary on   0 comments   0 trackback

カナダ・オンタリオ州で、ある若いカップルがレストランで食事を済ませ、会計をしようとすると、すでに別の見知らぬ男性が自分たちの分まで支払って出ていった後だった。男性が残した紙ナプキンには、次のように書いてあった。

「ハーイ!あなたは私のことを知らないだろうけど、私は43年連れ添った美しい妻を先週無くしたところなのです。今日は、独りで食べる最初のディナーでした。あなたには、私のその数年間を想像してみてほしい。だから、あなたの夕食代を支払ったことを、許してほしい。どうか楽しんで!今でも、キャロルの笑顔を思い浮かべると、私は幸せになります。ハッピーニューイヤー!先に支払ったリー・バレンタインより。」

「Lee Ballantyne news」で検索すると、生前の奥様とお二人の顔写真も見つけました。美しい奥様と、仲むつまじい様子。心温まるニュースですが、自分も、妻が亡くなったらどんな気持ちなんだろうなあ、と、なんだか身につまされて、ちょっと悲しくもなってしまいました。

CBCニュースのサイトのリンク
http://www.cbc.ca/news/canada/sudbury/widower-s-secret-napkin-note-to-dining-couple-goes-viral-1.2496342

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://sakunary.blog134.fc2.com/tb.php/159-9a0525b0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。