考えるイヌ〜桜井政成研究室〜

研究メモ、ゼミなどの教育活動、その他関心事など。

10/23宇治橋通りにぎわいフェスタ終了

Posted by sakunary on   0 comments   0 trackback

10月23日、 2回生の授業「研究入門フォーラム 特定プロジェクト 宇治山城」の学生が中心となって、京都府和束町産のお茶を使った加工品の販売を、宇治市宇治橋通り商店街で開催された「宇治橋通りにぎわいフェスタ」で行いました。

DSCF0450_convert_20101025032320.jpg


隣のテントは「まちづくりねっと・うじ」さんによる喫茶店でした。こちらでは障害者施設の授産製品を販売しておられました。

京都府南部の和束町は、府内随一の宇治茶の生産地でして、そのお茶を活用した地域の活性化に取り組んでおられます。今回の取組は和束町、(財)和束町雇用促進協議会、および京都府山城NPOパートナーシップセンターの協力によって実現しました。また和束町の地域活性化団体である「恋茶グループ」さんにも商品提供など、お世話になりました。学生達は地域の活性化を学ぶ一環として、抹茶シフォンケーキ、抹茶クッキー、抹茶オレなどを販売しながら、購入者にアンケート調査を実施しました。

DSCF0448_convert_20101025032246.jpg


当日は用意していた委託販売品がほぼ完売しました。すごい!
また学生達が独自開発した抹茶水飴も子どもたちにとても好評でした。
これからはイベントでの定番商品化ですかね!?

アンケート調査では、茶製品や体験型観光についての情報発信の方法を尋ねました。
回収したものをちらっと見た感じ、やはり若い人はほとんどインターネットを通じた情報を求めているようでした。(ホームページやツイッター)
こうした意識は地域の側ではあまり認識されておらず、ネットを通じた販売システムなどもちろん未構築です。
地域の「ファン」を増やしたり、あるいは商品のリピーターを獲得する上ではこれからはネット戦略は欠かせない、というか、むしろ主軸であると認識した方がよさそうです。

今後学生達は、地域活性化の一助になるよう、こうしたアンケート結果を分析し、結果を関係者に報告する予定です。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://sakunary.blog134.fc2.com/tb.php/16-3f882e61