考えるイヌ〜桜井政成研究室〜

研究メモ、ゼミなどの教育活動、その他関心事など。

スポンサーサイト

Posted by sakunary on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「新しいシェアリング経済」は市民生活に根ざした文化から

Posted by sakunary on   0 comments   0 trackback

2010年にアメリカで出された報告書「新しいシェアリング経済」(The New Sharing Economy ※注PDF)は、SNSの発達などを背景に、共有(シェア)することによる経済の発展を述べたものだ。

シェアハウス、は最近日本でも流行りみたいになっているが、欧米だと昔っからある。それに限らず、生活してみるとこちらではシェアすること(Sharing)が、コミュニティベースで、市民生活に根付いていることに驚かされる。

それはガレージセールだったり(※1)、コミュニティガーデンだったり、ベイクドセールや地域の企業によるファンドレイジングだったり、子供服や本や種子の交換会であったりする。そういえば、私が参加した子ども向けのガーデニング・ワークショップも、主催者が、自分がするからついでに皆で楽しむ…というスタンスだった。

たしかに「シェアすること」の経済効果は、馬鹿にならないものがあるだろう。しかし同様、あるいはそれ以上に、別の意味も持っている。「シェアすること」は、必ずそこに、対等な関係でのコミュニケーションを発生させる。ソーシャルキャピタルを強化するのだ。これがソフィスティケートされた市場経済との大きな違いである。コミュニティ経済、と言ってもいいのかも知れない。社会的価値(あるいは表出的価値)が伴うということだ。

このシェアリング経済、あるいはコミュニティ経済は、社会的な問題解決への応用として、日本でも、いろいろな可能性を秘めているように思う。少しまた掘り下げて考えていきたいと思っている。

※注1…ガレージセールやヤードセールは、あったかくなると本当にいろんなところでやっている。個人宅が多い。売っている物は不要品ばかりで、売るつもりがあるのか、それともそれらをダシに冷やかしに来る人と交流することが目的なのか、良く分からないぐらい。下記写真参照。

10534530_10204190791079958_7725947829023492717_n.jpg

10462950_10204190796520094_3417740042148282196_n.jpg

追記。

そういえばこの間行った公園には、備え付けの遊具以外に、近所の人が持ってきた遊具で溢れてました。子供が大きくなって、いらなくなって持ってきたのでしょう。いかにもトロントらしい。これもシェアリング経済ですね。
10450637_10204189155399067_4705237135352081736_n.jpg
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://sakunary.blog134.fc2.com/tb.php/209-8da62c45
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。