考えるイヌ〜桜井政成研究室〜

研究メモ、ゼミなどの教育活動、その他関心事など。

スポンサーサイト

Posted by sakunary on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワールド・プライド(LGBTの世界祭典)

Posted by sakunary on   0 comments   0 trackback

6月最後の週末は、ワールド・プライド。プライドは同性愛者などの「多様な性」を祝うお祭りであり、その「世界大会」が今年はトロントで開かれました。お祭り、と言うと、少し語弊があるかも知れません。プライドの起源は、1969年6月28日、ニューヨークで起きた、一つの事件に端を発します。あるゲイバーに警察が踏み込み捜査に入った際、歴史上初めて、同性愛者達がその迫害に対して反抗し、暴動に至ったのです。この事件は、そのバーの名前から「ストーンウォールの反乱」とも呼ばれます。翌年、当事者達がパレードを実施しました。今では6月最終週の週末、世界中の都市でプライド・パレードが開催されるようになっています。ですから、政治的な意味合いを元々は持った(今でもです!)お祭りなのです。

フリーペーパーですが、一般の新聞と同レベルのMetro紙でも、ワールド・プライド特集が組まれていました。新聞の一面と紙面全体が、ゲイやレズビアンの話題になっているというのは、かなりの驚きでした。日本でもいつか、そんな日が来るといいなあ。
(誤解無いように書いておくと、日本みたいに同性愛を茶化した報道ではなく、政治・文化・社会的な話。当事者も顔を出して出ているし、やっぱり日本の道は遠い…。)

ワールド・プライドでは、パレードだけではなく様々な催しが開かれました。世界中から集まった115組の同性カップルの合同結婚式も開かれ、これもまた、次の日の新聞各紙の一面を飾っていました。
こちらのハフィントンポスト・カナダの記事をご参考下さい。)

さて当日。
午前中は息子と屋台を楽しみ、午後、私だけでパレードを楽しみました。別に教育上の観点で、と言うわけではなく、息子が疲れてしまって、帰りたいと言ったので、一旦送ってからまた見に来ただけ。教育上は、むしろ見せたかったですね。それでも、彼も一応、午前に「ファミリープライド」という子ども向けスペースで遊んで、楽しんだみたい。

さてそのパレードですが、思った通り、刺激的。
10516658_10204124521983272_7258875203912992235_n.jpg

これは、ゲイの方たち?のチアリーダー。
10520656_10204124505142851_8066429501379425253_n.jpg

消防局もパレード。
1503938_10204124507582912_3035597151724984055_n.jpg


企業・運動団体・NPO・大学・公的機関・政党の連と山車がずっと続き、12千人以上の人達がパレードしたとのことです。私も暑い中、4時間見ていましたが、終わる気配が全くないので、疲れてしまい、帰ってきてしまいました(その後、さらに3時間ぐらい続いたみたいです)。でも、色とりどりの衣装や山車で、飽きることはなかったですね。中にはもちろん、過激な衣装の人達もいました。しかしその中で、普通の格好で歩いていたおじさんの持っていたプラカードに、目が止まりました。そこには、「私はゲイの息子を愛しています」と書かれていたのです。

「私はゲイの息子を愛しています。」

というプラカードを持ったおじさん。思わず、うるっときてしまいました。
(ちなみにLGBT家族支援団体の連にいらっしゃいました)

きっとそのプラカードを手にするまでには、様々な葛藤があったのだろうなあ、と想像してしまいました。プライド=誇りとは、自分をさらけ出すこと。そしてそれは、世界一同性愛者が住みやすいと言われるトロントでも、大変な勇気を必要とすることなのです。楽しみながらも、自分の誇りってなんだろうなあ。自分はそれを護ることが出来ているのだろうか、と考えた日でした。

パレード終了後、夕立があって、空には二重の虹が出たようです。レインボーカラーは、多様な性のシンボル。パレードの成功と、そしてこれからも「多様な生き方」がより認められる社会になることを、天がお祝いしてくれたのだと思います。

おまけ。

プライドパレードで、公務員の労働組合の山車が来た時、もらったうちわ。
10270743_10204148803590297_8627069777342319089_n.jpg

「我々の仕事のプライド」

ネオリベ政権下でパブリックサービスが次々に縮小・民営化されているので、必死でアピールしてました。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://sakunary.blog134.fc2.com/tb.php/215-74df69ec
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。