考えるイヌ〜桜井政成研究室〜

研究メモ、ゼミなどの教育活動、その他関心事など。

市民活動は本来パートタイムだ

Posted by sakunary on   0 comments   0 trackback

カナダから帰ってきて、いろいろと日本で実現したい取り組みもあって、子どももそれなりに大きくなってきたので、土日や平日の夜に外に出ることが多くなった。気がついたら、毎週土日は予定が入ったり…。

妻からも文句言われて、自分でもこりゃまずいなあ、と。ワークライフバランスとか言いながら、家庭を放ったらかしにしている。そもそも、日本では、何でこんなに土日に行事があるんだ?カナダでは週末は家族や友人と過ごす時間だから、予定なんてほとんど入らないのに…などと、不満を言っても、筋違いなのは分かっているのですが。

しようがないので、しばらくは、意識して、日曜は予定を入れないことにした。平日も、夜に外に出るのは、週1回に限定することに、原則、決めた。例外はあるのだけれど、なしくずしになるので、できる限り貫きたいと思っている。そんなわけで、不義理をすることになりますが、皆様申し訳ありません。

とはいえ、来年度は、町内会で大きな役が回って来ることになったし、前述のような経緯でいくつかの地域で私(あるいは大学)がスタートさせたプロジェクトもあるので、市民生活は慌ただしいものになりそうだ。「日本のコミュニティは義務の活動が多いよね」と、カナダの研究者からは皮肉を言われたっけ…。

研究はいつするの?という疑問は彼岸の遥か彼方に置いておくとして。それにしても時間が足りないのは必至。でも、コミュニティ活動、市民活動には、時間が必要だ。なぜなら、それらの取り組みにおいては、意思決定が参加型の直接民主主義的であることが重要なので、あーでもないこーでもない、と話し合いに時間をかける必要がある。企業経験者にはそれが非効率に見えるのだか、仕方ない。みんなが納得するためのそのプロセスを無視しては、単なる集団主義的な形式主義に陥ってしまうからだ。ボランティアの自発性も、主体性も失われ、個人や地域にとっての効用は全く無くなってしまう。

それに、「時間を共にする」こと自体が、コミュニティ活動、市民活動では重要な意味があったりも、する。人と人とが知り合い、親交を深めることで、人々の満足が高まり、いざという時に助け合えるし、何かの時に声がかけられる、それ自体が地域の資産=ソーシャルキャピタルとなる、と考えるからだ。

だから、自然、時間はかかるが、話は進まない、ということが多くなる。ワークショップやファシリテーションの技法を駆使することで、この状態は多少はましになるが、本質的にはそういうものだという割り切りも必要だと思う。

しかし、だからといって、コミュニティ活動や市民活動を、高齢者や主婦や学生といった「時間のある市民」だけのものにしてしまっては、それも問題だと思う。フルタイムで働いて、平日は帰ってきて子どもの面倒みたらバタンキュー。週末も、少なくとも日曜は家族のために空けておいて、それでも地域に関わりたい、というような「パートタイム市民」が参加でき、満足できる取り組み、仕掛けがないと、日本の市民社会なんて、いつまでたってこのままではないか。

とはいえ現在、情報化の進展で、パートタイム市民が関わりやすい状況は整ってきている。スマホひとつあれば、今は、Facebookなどでプロジェクト管理やチャットもできる。自宅からスカイプなどで会議参加もできる。出席管理だって寄付だって、署名ですらネットで簡単に集めることができてしまう。ただ、日本だとウェビナーが少ないのは物足りないところだけど。

高度に産業化された社会で、長距離通勤を余儀なくされ、コミュニティに関わる権利を剥奪された市民。市場原理が地域社会を侵食する中で、顧客としてしか行動できなくなってしまった市民。そんな市民が、今こそ革命を起こす機は熟したのでは!?

まあそれは言い過ぎですが、しかしパートタイム市民は、それでも、活動に中途半端にしか関われないという、もやもや感は残るだろう。ただそれも、個人的には、市民活動・コミュニティ活動はそんなもの、というコンセンサスができればいいと思っている。変な完璧主義が市民活動をハードルを高いものにしている。カナダみたいに、結果オーライ。適当でもいいじゃん、という雰囲気だと、すっごく楽なのを、日本でも広がればいいなと思う。本来、市民活動など、パートタイム的なものにならざるを得ないのであって、フルタイムしか認めないありかたこそ、是正すべきだと思うのだけれど。

(余談だが出席率高いイコール偉い、みたいな出席史上主義が、学校や会社でも日本では、様々な問題を生んでいるようにも思う。要は結果ありきなのに。)

長くなったが、帰国して、市民活動かいわいにまた顔を出すようになって、最近思ってることは、こんな感じ。パートタイム市民の自分に、誇りを持ちたいと思ってます。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://sakunary.blog134.fc2.com/tb.php/223-bdc39b5b