考えるイヌ〜桜井政成研究室〜

研究メモ、ゼミなどの教育活動、その他関心事など。

スポンサーサイト

Posted by sakunary on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゼミ輪読「ボランティア支援の倫理」

Posted by sakunary on   0 comments   0 trackback

今日のゼミは輪読で、デビッド=スレイター著(森本麻衣子訳)「ボランティア支援の倫理」(トム=ギル・ブリギッテ=シテーガ・デビッド=スレイター編『東日本大震災の人類学』)2013年、人文書院。

ボランティアからの支援を素直に受け入れない被災者の論理を、モースの贈与概念から読み解いた名著。
「人間性の問題では?」
「何でわざわざ、こんな難しく言う意味が分からない。」

という学生に、いやいや、個人の問題と思われることが、社会システムに組み込まれた中での無意識の振る舞いなんだよ、と解説したが、腑に落ちたかどうか。
あと、モースは、返礼を期待しない純粋贈与はあり得ない、という、大きな命題を突きつけた点も強調しておいた。これは、ボランティア研究においても、重要な命題ですね。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://sakunary.blog134.fc2.com/tb.php/227-e19a23e1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。