FC2ブログ

桜井政成研究室

研究メモ、ゼミなどの教育活動、その他関心事など。

五輪ボランティアのレガシーに関するディスカッションペーパー公開

Posted by Masanari Sakurai on   0 comments   0 trackback

日本NPO学会のディスカション・ペーパーとして下記の論文を公開いたしましたので、ご報告申し上げます。

桜井政成「オリンピック開催がスポーツボランティア全般に与える影響―レバレッジ概念を用いた東京五輪のレガシー測定―」2019-001-J July, 2019.
http://janpora.org/dparchive/index.html

概要は下部に転載しておりますの。いずれきちんとした学術論文として投稿したいと考えておりますが、タイムリーなテーマなので、いち早くみなさんと意見交換をできればと思い、今回ディスカッション・ペーパーとしてまずは投稿させていただいた次第です。

皆様からお気軽にコメントを賜れれば幸いです。どうぞよろしくお願い申し上げます。


--------以下概要------

オリンピック開催がスポーツボランティア全般に与える影響
―レバレッジ概念を用いた東京五輪のレガシー測定―
桜井 政成 (立命館大学)

The impact of the Olympic Games on Sports Volunteering:
Measuring the legacy of the Tokyo Olympics and Paralympics by leverage
Masanari Sakurai, Ritsumeikan University

オリンピックにおいてボランティアは開催都市や開催国に,ある種の「レガシー」を残すべき存在として位置づけられてきた.先行研究ではボランティア活動のレガシーの分析はオリンピックボランティアの参加者をもっぱら対象としていたが,そうした捉え方はレガシーを限定的に捉えてしまっており,より幅広い検討が必要と言える.そのため,一つのイベントを「より幅広い利益をもたらすことができるリソース」と考えるレバレッジ概念を援用することで,オリンピックの観戦やボランティア活動に関心を持った幅広い人々に対して,オリンピック開催が与えた影響を本研究では測定した.2018年に行われた調査データを用いてロジスティック回帰分析を行った結果,東京五輪の開催は,スポーツボランティア活動全般への参加意欲に幅広く影響したことが明らかとなった.

キーワード:オリンピック,スポーツボランティア,レガシー, レバレッジ, ロジスティック回帰分析

スポンサーサイト



Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://sakunary.blog134.fc2.com/tb.php/268-0dd1e06e