考えるイヌ〜桜井政成研究室〜

研究メモ、ゼミなどの教育活動、その他関心事など。

英語教育への提言?

Posted by sakunary on   0 comments   0 trackback

小学校から英語教育をすることには基本的に賛成。
ただし、ネイティブは一人たりとも教室に入れてはいけない。
徹底した「ジャパニーズイングリッシュ」の習得を幼少期から目指すこと。

子音を発音しなかったり、単語をつなげてレロレロしゃべる子どもは「アメリカ人みたいだ」と言って皆でバカにすること。

アメリカ人が日本人の英語を聞き取れないのは彼らの問題だから、気にしない。
彼らはあまり海外に行ったことがないから、ヒアリング能力が貧弱なのは仕方がないのだ。
むしろ国際人たる日本人の側が、聞き取り能力を鍛えてあげればよい。

日本語はそもそも抑揚に乏しい言語だから、英語の教科書も棒読みが正しい。
スラングは当然のこと、相づち(アハ~ンとかアイシーとか)もいらない。日本人の基本は愛想笑いである。

なお、日本国内では日本語が公用語なので、外国人から道を聞かれたら日本語で応えなくてはならないと教えること。
ファーストネームで呼び合うのは日本では失礼に当たるし、ニックネームは以ての外。ファミリーネームでしか呼び合わないこと。

和製英語は日本で発展した貴重な文化なので、これを世界に広げなければならない。
パンはパンだし、モーニングセットはモーニングセット。決してブレッドやブレックファストではない。別物である。

このようにして「ジャパニーズイングリッシュ」が確立されることにより、世界の英語文化自体が豊かになる。
日本も国際化される。
言うことなしである。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://sakunary.blog134.fc2.com/tb.php/32-9c655b8d