考えるイヌ〜桜井政成研究室〜

研究メモ、ゼミなどの教育活動、その他関心事など。

「ええもん発見市in山城」参加

Posted by sakunary on   0 comments   0 trackback

5月7日(土)、8日(日)に宇治川中之島(府立宇治公園)で開催された「ええもん発見市in山城」に本学部の学生も参加しました。

IMG_0196.jpg


「ええもん発見市in山城」は一昨年度秋から始まったイベントで、それ以降春と秋に開かれ、今回で4回目。山城の地域資源を活かした食品や作品づくりに取り組む団体が一堂に会し、作品の展示販売・体験教室など実施するものです。
これは実行委員会主催、京都府山城NPOパートナーシップセンター共催の取組で、そもそも行政とNPO、大学の協働事業が何かできないかという話し合いの中で開始されたものです。

地域団体として出店したのは12団体。また一般出店のブース(市民展示販売ブース)もあり、ステージも設けられプロ・アマによる様々な演目が披露されました。当日は地震後の自粛ムードや、GW明けということで客の入りが心配されましたが、観光客などでにぎわいました。とにかく暑い、、、、二日間でした。

参加した学生達は全員2回生で、「研究入門フォーラム」という授業で、山城地域の特産品開発を学んでいるグループです。初日、朝の会場準備からお手伝いしました。
また今回、学生達が担当したのは、「東日本大震災支援ブース」。

実行委員会事務局のNPO法人「手作りを愛する会 楽円ーRAKUEN」さんによる義捐金募集を任されると共に、大学内で有志で行っている「ほんの少しプロジェクト」として、古本市を行いました。

IMG_0199.jpg

古本市では一律100円で集まった本を配布。2日間で合計、5600円を集めることができました。
集めたお金はプロジェクトとして今後、絵本を購入して寄付するなど、被災地支援に役立てていきます。

おとなりのブースでは、エコ発電の体験コーナー。
学生も自転車で発電してわたあめ器を動かしました!
IMG_0195.jpg


2回生の研究グループでは今後、山城の市民による特産品開発をより学んでいき、そのPR方法などを考えていく予定です。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://sakunary.blog134.fc2.com/tb.php/64-2b532fb8