考えるイヌ〜桜井政成研究室〜

研究メモ、ゼミなどの教育活動、その他関心事など。

スポンサーサイト

Posted by sakunary on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒論駆け込み寺(お役立ちサイト集)

Posted by sakunary on   0 comments   0 trackback

以下、主には、私が指導教員である学生向け。
卒論を書く際にチェックしておいてほしいサイトのリストです。

たぶん、多少目端の利いた(あるいは情報リテラシーの高い/メタ学習能力の高い)学生は、「卒論 書き方」で一度ぐらいは検索してみたことがあるのではないでしょうか。
しかし検索結果は大量に出てくるので、それを片っ端から見ていって、疲れ、結局卒論を書くのは大変だ~とネガティブ感情が充満。途方に暮れる、というパターンが危惧されます。

とりあえず私が目に付いた、わかりやすくてためになるサイト(ブログが多いですが)のリストを以下に挙げておきます。
ご参考下さい。


まずはここから…

「卒業論文第0稿を1日ででっち上げる法」発声練習
…「最初はコピペの切り貼りしたものでよい」というのはその通り。要は始めに用意しなければならないのはラフスケッチで、教員とイメージを共有することが必要です。それが論文としてものになるのかどうかは教員が判断して指導してくれますから。


論文の形式や表記方法について

「社会学評論スタイルガイド」日本社会学会ホームページ
…注の付け方や引用の仕方などは、論文をほとんど読んだことのない学部生には困難を極める作業ですね。私としてはまずはこちらを参照してといいたい。別に社会学の論文を書くわけでなくても、だいたい私の指導範囲の学生の論文はいけると思う。インターネットから引用した場合などは、研究者でも迷う部分ですね。

「こう言い換えろ→論文に死んでも書いてはいけない言葉30」読書猿Classic: between / beyond readers
…事例がユニークですね。話し言葉やエッセイ言葉と、アカデミックライティングでの言葉の違いがよくわかります。卒論を書き上げる前、最終段階に一度はチェックした方がいいです。

「IMRAD」(ウィキペディア記事)
…理系論文では常識のIMRAD構造ですが、文系論文ではそうでないものも多かったりします。しかし私が指導する場合には実証論文であることを求めるので、論文の構造として基本的な骨組みとなります。何度も見て、理解しておいてほいてほしいと思います。


論文を書く「意味」について

「ゼミのみなさんへ業務連絡」内田樹の研究室
…ウチダセンセイのブログ。「学術論文とレポートのいちばん大きな違い」については必読。キーワードは「愛」。

卒論をどう考えるか(その1)(本ブログ記事)
メタファーとしてのお稽古事(卒論をどう考えるか その2)(本ブログ記事)
…ウチダセンセイに並べるのはおこがましいのですが、私が指導教員の学生は一応、目を通しておいてください。


論文指導を受ける心構えについて

「真っ赤な論文原稿が指導教員から帰って来たら?」発声練習
…まあ、いろいろな感情が湧きつつ書いている添削だとは思いますが、なかなか「真っ赤」にはできるものではありません。やさしくなくてもかわいいイラストが無くても、アカペン先生と一緒だと思ってください。

「 卒業研究・修士研究時の悪循環を防ごう」発声練習
…学生や院生が精神的に追い詰められないように、教員向けに書いた文章ですが、心構えとして学生・院生が読んでもとても参考になると思います。たかだか進級の為の論文ですから、間違っても命を落としたりしてほしくないです。

追記(2012/10/10)

東京大学 中原淳先生のブログ。
「先行研究をまとめる5つのプロセス、陥りやすい3つの罠」
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://sakunary.blog134.fc2.com/tb.php/94-c9f3b93b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。